Crockett&Jones Cardigan ソール交換 ビフォーアフター

Crockett & Jones Cardigan

Crokcett & Jonesの外羽根、フルブローグ、スエード、クレープソールという仕様のCardiganです。Cavalry CalfのCardiganも以前所有していたのですが10年ほど履いた後、断捨離がマイブームだった頃に手放してしまいました。Cavalry Calfは見た目は半ガラスやコードバンのような革なのですが手入れも楽でかなりお気に入りでした。こちらのスエードカーディガンはクレープソールと相まって良いカジュアル要素が強い印象を持ちます。

なぜオールソール?

ソール自体はオールソールするほど減ってもないのですがクレープソールって10年以上経つと柔らかくなりべたつくようになり埃やゴミを吸い付けるようになってしまいました。履くにしてもちょっと少し靴底がベタつくような気がしますし、実際に履いた日には埃や髪の毛がソールに絡みついてしまっていまいた。

これがビフォー状態です

最初は普通のクレープソールみたいな感じで清潔感はあったのですが、経年でここまでボロボロになります(笑)

どこでオールソールするか?

都内だと評判が良いお店がありますが靴修理と言えどもオールソールの場合には靴作りが出来る職人さんに頼めば間違いないであろうという理屈でオリジナルの靴製作をされているお店にお願いすることにしました。
同じソールでは新鮮さがないので雨でも強いダイナイトでお願いしています。

アフター 仕上がり状態

まとめ

仕上がりは申し分なくとても綺麗に出来上がりました!赤色のダイナイトも靴の雰囲気にマッチして一軍入りしそうです。少し飽きた靴や古くなった靴でもソール交換で蘇りますね。