withings WIFI対応 体重計でダイエット 勝手に記録 勝手にグラフ 無精者には最高な体組成計

Withingsとは

Withings → NOKIA → Withings と資本が移ったり戻ったり色々オトナな事情があるようですが、元々はフランスの健康機器のベンチャーです。
2013年1月からこのメーカーの「ネットワーク対応 超薄型多機能体重計 ホワイト twitter連動機能 データ自動記録 WBS01-W」という体重計を使用しています。
appleストアでも取り扱いがある体重計みたいな宣伝もされていたような気がします。「appleストアでも取り扱いあるんだぜ!」って「MOMAでも展示されているだぜ!」みたいになんだか薄っぺらい感じが好きです。
話は逸れましたが、wifi接続出来て乗るだけで体重、BMI、体脂肪のデータを自動的にwithingsのサイトにデータをあげられるのが革新的な体重計でした。設定次第ではtwitterでも自動ツイート出来ます。マジ意識高い系です。
所有の体重計の上位モデルが何年か前に出たようでそちらの方はさらに計測できるデータが増えたようです。

WBS01-WWBS04-WHITE-ALL-ASIA
無料Health Mate アプリ (Android 5.0+ / iOS8+)
自動同期: Wi-Fi & Bluetooth
マルチユーザー:最大8人
体重&BMI
天気予報&アクティビティ報告
MyFitnessPalによる食事記録
全身組成分析:体脂肪、筋肉量、骨量、体水分率
心拍
電池寿命(単四電池式4本)最大12ヵ月間持続します(充電式)

「カッとなってやった。なんでも良かった」


以前から持っている体重計に特に不満や不具合があった訳でもありませんが12月のサイバーマンデーでポチってしまいました、上位機種。めちゃくちゃ安かった訳じゃないのに。買う物が特にないのに魔が差したのかもしれません。「カッとなってやった。なんでも良かった。」

それでも測れるものが多くなった

全身組成分析や心拍が測れるようになりました。日本モデルだと薬事法の問題で機能制限されてしまい計測できませんが海外だと脈波伝播速度測定機能が利用出来るようです。この辺りapple watchと同じですね。

左が新しく購入した体組成計

右が2013年から使っていた体重計

Withingsネーム

届いてみたらガッデム。NOKIAネームのものでした。2019年に買ったのに。Withingsに戻ったのはずっと前なのに。まあ今となってはレアネームなのでいいですが。

きっと在庫処分だったんでしょうね。裏を見たら製造は2017年でした。

乾電池式から充電式へ。

マジ便利なので絶対おすすめ

メモリーカードとかBluetooth接続とか必要なく勝手に記録してくれるところが便利です。体組成計機能だけを見たら国内健康機器メーカーの方が精度が高いかと思いますが、ネットワーク接続からのHeath Mateアプリからヘルスケア、Strava、MyFtinessPalなどの他アプリなどのデータ連携機能はここのメーカーがトップではないでしょうか。
ルーターとの相性なのか初期設定で躓く方もいるみたいですが、特にトラブルなく設定出来ています。
過去のグラフで体重、体脂肪の増減を客観的に把握できます。ダイエットやスポーツはもちろん健康に気を使われている方はここのメーカーに限らず、
ネット連携機能がある体重計の導入を検討されてはいかがでしょうか。
日々の体重の増減で一喜一憂するのも意味はあるかもしれません。ただ人は忘れっぽく飽きっぽい生き物です。ダイエット中長期視線でモチベーション維持するためにも、地道な努力の結果を客観的に見られる環境を作るのも大事だと思います。